歯は一生の宝物です

当サイトでは、主に知覚過敏について紹介しています。歯周病については、姉妹サイト「ハブラシ手帖」をご覧下さい。
冷たいドリンクなどを飲むと、歯がしみる人は、もしかしたら象牙質知覚過敏症かもしれません。大きな原因と言えるのが、歯を保護しているエナメル質部分に傷やヒビができてしまうことです。どうして傷ついたりヒビ割れたりしてしまうのかというと、歯ぎしりを行ったり噛み合わせが良くなかったりするのも要因です。日頃から...
続きを読む
知覚過敏になった多くの人に見られる自覚症状というのは、食べる時やハミガキのときに、キーンと表現される痛みが歯に表れることです。よく、「冷たいものを飲んだ時・食べた時に痛みを感じる」と言われるのですが、症状が進行してくると、温かいものを飲んだり食べた時にも痛みが走るようになります。このような痛みはその...
続きを読む
知覚過敏になってしまったと思うときは、なるべく早急に歯医者を受診しましょう。けれど、なかなか予約が取れなかったり、仕事が忙しくて行くことができないということもありがちです。このような場合は、スーパーや薬局の店頭に並んでいる知覚過敏の人のために作られた歯みがき粉を一度使ってみましょう。でも、症状がそれ...
続きを読む
歯磨きをしすぎることも知覚過敏の要因になってしまいます。正しい磨き方は、適度な力で適度な時間をかけて取り組むのですが、ゴシゴシと無駄に力を入れて磨いている人も大勢いるようです。歯ブラシは、あまり力を入れずに使ってもきちんと汚れが落ちる構造です。つい力んでしまうという人は、毛先がやわらかめの歯ブラシに...
続きを読む
知覚過敏の原因のひとつである歯ぎしり。これは、歯ぎしりの人向けに作られたマウスピースを装着すれば案外早く対処できます。他には、日常生活の習慣に問題点がある人も多いです。とりわけ、間違った歯みがきをしている人もいるので、チェックが必要です。正しい歯磨きの仕方は、柔らかめの歯ブラシを小刻みに動かして磨い...
続きを読む
知覚過敏の予防に関して欠かせないことは、3点です。1.歯ぎしりや噛みあわせのズレを正常に戻す。2.歯の磨き方を学んで、きれいな状態の歯を保つ。3.摂取する食べ物や飲み物に注意を払う。食品に気をつけるというのは、熱い物・冷たい物を摂らないようにするというわけではないです。酸が多量にある飲み物や食べ物を...
続きを読む
象牙質知覚過敏症は、冷たい物・熱い物を食べたり飲んだりした時に痛みを感じることが多く、キーンとした痛みという表現が使われることが多いです。食事中は痛み続ける、夜も眠れないほど痛いという場合、重症化した知覚過敏の場合がありますが、他のことからきている疑いもあります。一般的に、知覚過敏からくる痛みとは、...
続きを読む
頭痛もあり象牙質知覚過敏症の症状もあるというときは、もしかすると歯ぎしりをしていることが最大の原因である可能性があります。歯ぎしりをしている人の場合のほうが頭痛が生じやすいようです。男性に比べると、女性のほうが歯ぎしりをすることによる頭痛で苦労していると考えられています。知覚過敏と頭痛のどちらもある...
続きを読む
歯が痛いということだけでは、それが虫歯なのか象牙質知覚過敏症なのか見分けにくいかもしれません。もし知覚過敏だったら、たとえ何も治療をしなかったとしても、しばらくすると痛みが消えてしまうケースも多々あるので、放っておく人も多いでしょう。歯に穴が開いていたり黒ずんでいいたりといった異常が見当たらなければ...
続きを読む
知覚過敏になる最大の原因として歯ぎしりが有名ですが、歯ぎしりは歯同士を強く密着させ、強引に擦り合わせるという症状です。歯ぎしりをする癖があるせいで歯のエナメル質が損傷し、知覚過敏を患う人も大勢います。それに、歯ぎしりの原因は何かというと、噛みあわせの悪さの他、癖、ストレスなども関係します。一番用心す...
続きを読む